スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【魔法少女】あたしって・・・ほんと、バカ【まどか☆マギカ】

さて、先日映画の後編を観てきたわけで・・・


私、一年前のTV放送は一秒たりとも観ていないクチ。当時世間でものめっさ話題になり、三木矢先生をはじめ、私の周りでも一大ムーブメントがまきおこっていたまどか☆マギカ。


常に流行に乗り遅れることを信条としている私としては、映画公開にあわせて見始める、というのもいささか型にハマっているとも思えますが、ここを逃せばもうまどマギ観ることもないやろ。なによりラサール石井氏のツイートが拡散されていたことをキッカケに、仕事あがりに一人で「魔法少女、一枚」と受付のかわいいお姉さんに伝えよう、とハートが燃え滾ったのであります。


まぁ、とりあえず涙は出なかった。と、いうのも感情移入したのがさやかちゃんだったこともあり、後編のクライマックスシーン観ても「おー」とは思えど、周りの観客のズビズビと響くむせび泣きの雰囲気とは、一線を画した感情でスクリーンを眺めていました。


ストーリー、設定ともに、壮大。宇宙次元で物語は語られます。
魔法、使います。

でも、一回だけ、しかも総集編という形で観ただけからかもしれませんが、大きな矛盾点は感じない。まず、これは素直にすごいと思った。

ただ、各々のキッカケ、というかドラマは、非常に日常的。最たるものはさやか様。

やはり私は、壮大なファンタジーよりも、等身大の物語のほうがすきなようです。



自己犠牲。

ひとつのテーマだったかもしれません。

ただ、犠牲なのかどうかは、明らかではない。

それはただの自己卑下かもしれないし、自己満足かもしれないし、相当の対価なのかもしれないし。


ただひとつ言える事は


どのような感情でも

行動でも


物事を起こすには

動かなければ、ダメだ。




5人の魔法少女+1匹のQB。

この6体が作る組み合わせ。数学得意な人は暗算してください。


その全てが、違う価値を持っていた。

つまり物事の多面性


同じもの、同じことでも


行う人

評価する人


対象がなにか、によって

色を変える。


そこに時間軸の概念を加えて


同じことでも

非常に多くの意味をもつ



そう考えると

今の人生の


一挙一動足に


やはり無駄はないのだと


思い知らされます。



そして、また一つのキーワード

奇跡――。


やはり奇跡はありえない。

奇跡のような出来事も


実は魔法くらいのことで


魔法は

相応の対価で

得ることができる。


だから

みんな頑張ろう。


そういうことなのかもしれません。




でも


結局


最後は救われないよ。


ウヘヘ




そういう世の中なのかもしれません。






まどマギの特徴に

その表現性があります。


それはストーリーにはまるで似つかわしくないフォルムの魔法少女だったり


およそ敵とは思えない絵本のような魔女達





ある意味抽象的なシーンも多く


それがより

感覚の多様化を生んでいる、気がする。









とりあえず

これで三木矢と話せるようになった。


まぁ、ちゃんと本編も見よう、と思う。時間があれば。





最後に

ほんとにさやかちゃんはバカなのか?


あの願いは



バカな願いだったのか?




人間関係ってのは


一方通行では成り立たない


片方がどんなに相手の幸せを願っても


相手は、それに気づかない。

受け入れない。

願われることが、幸せでないかもしれない。


やさしさは、押し付けられない。


偶然に合致したとき

はじめてお互いに幸せとなる

人間関係

特に恋愛関係は


難しい。


信頼関係もまた然り





「愛」という日本語を外国語に訳すと

非常に多くの言葉がある。



それだけ

その気持ちは

難しいものなのです。



だからさやかちゃん。負けるな。


頑張れ。


鑑賞特典のポストカードはまどかと杏子さまやったけど


僕は応援しているよ!



しかし恭介くんは


ニコ動のMADのせいで


どうしてもクマ吉くんにしか見えなかった



溢れるニコ動の良作まどマギMADが


私が劇場で泣けなかったことの


一番の原因だと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 魔法少女まどか☆マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【【魔法少女】あたしっ】

さて、先日映画の後編を観てきたわけで・・・私、一年前のTV放送は一秒たりとも観ていないクチ。当時世間でも

コメントの投稿

非公開コメント

AXeSSホームページ

人気ブログランキング
リンク
最新記事
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ネットラジオ
19位
アクセスランキングを見る>>
←クリックするべし!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。